好奇心マイスター

ワインとグルメと投資のブログ

ビールが一層美味しい「うすはりグラス」 松徳硝子

グラスが変わると、お酒の味が変わります。今回ご紹介するのは、松徳硝子の「うすはりグラス」です。

 

松徳硝子

1922年 電球用ガラスの生産工場として創業。その後、ガラス食器製造へ移行。電球製作の技術力を活かし、熟練職人の手技によって、美しく薄いグラスが完成します。

「うすはりグラス」にもいくつか種類がありますが、ビールを飲むのに特化した「ビールグラス(ピルスナー)」を購入しました。

 

うすはり ビールグラス(ピルスナー) 価格 3,400円

見るだけで美しいフォルム。持った感じはとても軽いです。丁寧に扱わないとすぐに割れてしまう繊細さと、ビールを美味しく飲むためだけに丹精込めて作られた至極の一品。そんな気品があります。

たかがグラスですが、このグラスで飲む一杯はとても幸せな気分にしてくれます。寿司屋のカウンターで、大将が一貫一貫握って出してくれたお寿司のような・・・例えがイマイチかもしれませんが、背筋を伸ばしてビールとグラスに感謝するそんな気持ちにさせてくれます。

 

f:id:oishiigohandaisuki:20221004054111j:image

 

美味しさの秘密は「薄さ」にアリ

なのですが、正直なぜなのかわかりません。が、ジョッキで飲むより、味が確実に繊細になります。これは気分だけでなく、体感でそう感じます。一説には、グラスの存在を感じないからなどと言われます。とにかく、グラスの繊細な口当たりが、ビールを美味しく口の中に注ぎ込んでくれます。f:id:oishiigohandaisuki:20221004054108j:image

デメリットは?

薄いがゆえに、割れやすいことでしょう。美味しく飲めたことに感謝しながら、大事に洗って、長く付き合えてらいいなと思います。

 

【スコッチ】ホワイトホース 12年 ハイボールがおすすめ!

スーパーなどで買えるスコッチウィスキーの代表格「ホワイトホース」。そのホワイトホースの日本限定である「ホワイトホース 12年」について、レビューしたいと思います。

 

ブレンデッド スコッチ

ホワイトホースは、ブレンデッド スコッチです。ブレンデッドとは、モルトウイスキー(大麦麦芽のみを使用したウィスキー)とグレーンウィスキー(とうもろこし、ライ麦、小麦などが主原料)を、ブレンドしたウイスキーです。

対して、上記の通り、大麦麦芽のみ原料とするのはモルトウィスキーです。その中で、単一蒸留所のみのモルトウイスキーで作られたウイスキーは、シングルモルトと呼ばれます。

シングルモルト、ブレンデッドで優劣はなくそれぞれ美味しいですが、スコッチではシングルモルトの方が有名なものが多いです。マッカランラフロイグラガヴーリンなどなど。

日本のウイスキーで言うと、サントリーシングルモルトは「山崎」、ブレンデッドは「響」が有名です。価格で言うと、スコッチと反対で、ブレンデッドである響の方が価格が高いですね。

 

ホワイトホース 12年 価格 約2000円

通常のホワイトホースの約2倍の価格です。さて、どんな飲み方が合うのでしょうか?

 

まずは、ストレート。愛飲しているラフロイグの価格上昇が著しい現在、気軽にストレートで飲めるスコッチはないだろうかと思い購入した経緯があります。12年に期待です。

感想としては、ストレートでは自分はあまり楽しめない感じでした。12年熟成で口当たりまろやかなんですが、それ以上の特徴がないというか物足りなさを感じます。

f:id:oishiigohandaisuki:20221001131520j:image

 

 

 

次に、ハイボールです。これは当たり!ハイボールにしても口当たりまろやかで、炭酸がちょうどよくアクセントになります。香りはさほど立ちませんが、ストレートでは物足りなかった印象が、ハイボールでは見違えるように上質なものに変わりました。

f:id:oishiigohandaisuki:20221003213816j:image

 

ホワイトホース12年のおすすめの飲み方は、ハイボールです。ハイボールでもゆっくり味わって楽しめます。おすすめです。

 

 

【赤ワイン】サルジェ・ド・グリュオ・ラローズ 2018 ボルドーワイン

メドック格付け2級のグリュオ・ラローズのセカンドワイン「サルジェ・ド・グリュオ・ラローズ」を開けたので、レビューしたいと思います。

f:id:oishiigohandaisuki:20221002060342j:image

 

メドック格付け

フランス ボルドー地方 メドック地区のシャトー(生産者)の格付けです。メドック地区は、ボルドー地方を代表する高級ワインの生産地です。1級から5級まで、全61シャトーが格付けされています。1級はわずか5つで「5大シャトー」と呼ばれ、世界から賞賛と憧れのワインになります。

メドック地区の中でも有名な産地は4つ。サンテステフポイヤック、サンジュリアン、マルゴーです。ワインエキスパート試験では、61シャトー全て覚えるよう勉強しました。勉強は試験のためだけにあらずで、ワイン好きならぜひとも知っておきたい知識です。

61シャトー全ての名前と格付けを覚えるのは大変なので、上記4生産地の有名シャトーを押さえておくだけでも良いと思います。有名シャトーは、別の機会にご紹介したいと思います。

 

サルジェ・ド・グリュオ・ラローズ 2018 価格4180円

メドック地区 格付2級シャトー、グリュオ・ラローズのセカンドワインです。 生産地はサンジュリアンになります。

シャトーには、そのシャトーを代表するファーストワインがあります。セカンドワインは、樹齢が若いブドウから作られたり、別の区画のブドウから作られたりするだけで、手間暇や製造スタイルなどはファーストワインと同様な部分が多く、味わいや特徴はファースワインに近いものです。

価格が抑えられ、飲み頃も早く訪れるため、高品質な格付ワインを割とカジュアルにいただくことができる庶民にはとてもありがたい存在です。

 

前置きが長くなりましたが、レビューします。

外観は、深いガーネットの色合いです。2018年なので熟成を表すレンガ色は感じられません。

香りは、ブルーベリー、カシス、コッペパン、インク、墨汁など複雑で、優雅です。この時点で、素晴らしいボルドーワインであることは、間違いないと確信できます。

味わいは、なめらかなタンニン、コクがあり酸味とのバランスが良いです。旨味も感じられ、余韻が長く、一口飲んだだけで幸せになれました。2018と若いワインですが、セカンドワインであることから今がちょうど飲み頃と感じます。

あえて言うとすると、力強さが少し足りないかなと感じました。ファーストワインは、この点もっと力強く、熟成には時間がかかるのでしょうが、飲み頃になった時の美味しさはとてつもないものだろうなと想像できた次第です。

しかしながら、しっかりした味わいなのに、身体にスッと入るようなスムーズさは良いワインである証です。飲むタイミングでも味わいの変わるワインは、まさに一期一会で、その瞬間しか味わうことのできない刹那的な輝きがあります。ワインが人を惹きつける大きな要因だと思います。

まとめ

  • 美味しいワインが飲みたいときには是非!
  • ボルドーの格付シャトーワインがリーズナブルに楽しめます
  • ブルーチーズにもぜひ合わせてみて欲しい
  • サンテステフポイヤック、サンジュリアン、マルゴーそれぞれの味わいの違いがわかるようになりたい

 

 

サルジェ・ド・グリュオ・ラローズ 2018

 生産地:フランス ボルドー地方 メドック地区 サンジュリアン

 生産者:シャトー グリュオ・ラローズ

 ブドウ品種:カベルネソーヴィニョン主体、メルローカベルネフラン

 味わい:滑らかなタンニン、旨味、余韻長い

 香り:ブルーベリー、カシス、コッペパン、インク、墨汁など複雑で優雅

 価格:4180円(税込)

 点数:4.2(5点満点) ※点数は自己評価です。

 

 

1週間の経済ニュースまとめ(9月26日〜30日)

日経新聞購読から3年半。経済ニュースを中心に気になるニュース1週間分を振り返ってみたいと思います。

 

9月26日(月)

長期金利の上昇が止まらず、3.93%(前日比+6.37%)。金利の影響を受け、米株式も全体的に下落。S&P500は、3ヶ月ぶりに今年の安値を更新しました。先週からの下落基調が続いた形での週初めです。

 

9月27日(火)

▼イタリア ポピュリズム色の強いイタリアの同胞(FDI)政権誕生の見通し

現在のインフレに対する不満の表れ。英国に続き、バラマキ色の強い政権。反移民や小規模事業者向け税率引き下げ対象の拡大、最低年金の底上げ、保育所無償化。

国債利回りが大きく上昇(国債価格下落)しました。財源確保の見通しがなく、財政規律の緩み警戒からイタリア財政悪化懸念、投資家が一斉に手を引き始めた形です。

英国の経済対策も同様な懸念から、通貨安、金利上昇(債券安)となっています。欧州初の信用不安が燻っているような感じです。

 

9月28日(水)

▼英中銀が緊急の国債買い入れ

先週の大規模減税発表から急上昇した金利国債価格急落)に対し、市場の安定を保つための非常措置。インフレを抑えるべく金融引き締め(金利引き上げ)をしている中で、金融緩和的な措置は、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるようなでチグハグな状態。かえってインフレが進み、利上げが必要になる懸念あり。

 

9月29日(木)

株式全体安。S&P500 -2.1%。欧州の信用不安、米金融引き締めによる景気悪化懸念が、投資家のリスクオフにつながっている様子。

 

9月30日(金)

▼米 PCE(8月)発表 ※前年同月比

 総合 6.2%(予想 +6.0%、前月比 +0.3%)

 コア 4.9%(予想 +4.7%、前月比 +0.6%)

PCEはFRBがもっとも重要視しているインフレ指標です。インフレは今の所おさまる気配なしといったところです。今後、積極的な金融引き締めが継続され、米経済がリセッション(景気後退)に入ることが懸念されています。

 

まとめ

S&P500 9月は9.3%安となりました。株式相場にとっては、非常に厳しい環境が続いています。退場することのないよう、今は現金比率を高めて、守りの投資の時期と理解しています。

 

 

 

 

 

 

札幌市豊平区のポテト料理専門店 穀物祭(こくもつまつり)

札幌市豊平区中の島にあるポテト料理専門店 穀物祭(こくもつまつり)に行ってきました。1978年創業らしくかなりの老舗です。店はツタに覆われていて、雰囲気があります。豊平川沿いの堤防の下にあり、車じゃないとなかなか行けない場所にあります。

f:id:oishiigohandaisuki:20221001130937j:image

 

マッシュポテト・ソーセージ・チーズ焼き

店に入ると年配のご婦人が「いらっしゃいませ。こちらへどうぞ」とやさしく案内してくれました。店の中もいい意味で歴史を感じます。昭和のこ綺麗な喫茶店のような趣きのある内装。見渡すと、奥様たちや年配のご夫婦など、おそらく近所の方と思われる方達が、ゆっくり食事と会話を楽しんでおられるほっこりとした雰囲気です。

 

注文したのは、マッシュポテト・ソーセージ・チーズ焼きです。パンなどの炭水化物系はメニューになしです。1品勝負です。注文してから10分くらいで目の前に運ばれてきました。
f:id:oishiigohandaisuki:20221001130941j:image

マッシュポテトの上にチーズがかかっていて、粗挽きのソーセージが縦に半分にカットされトッピングされています。じゃがいもとチーズとソーセージ、合わないわけがありません!

実食。マッシュポテトは、完全にすりつぶされておらず、ごろっとした食感が残っています。そこに濃厚でしっかりした味わいのチーズが絡みます。優しい味わいですがコクがあり、間違いなく旨いです。

次はソーセージも一緒に。最高です。これは、正直ワインと一緒にいただくべき逸品と思いました。赤ワイン、ボルドーカベルネソーヴィニョンもいいですが、自分はブルゴーニュピノノワールと合わせたいです。お互いが高め合うが想像できます。

熱々ゆえにゆっくり食べるため、しっかりお腹いっぱいになりました。セットのコーヒーもしっかりした味わいで美味しかったです。

 


f:id:oishiigohandaisuki:20221001130944j:image

 

店の中央にでっかい電話BOXがあります。中には電話もありますが、今は使われていないそうです。その昔、携帯電話がなかった時代、店の中に公衆電話があるので、待ち合わせも兼ねて店でゴハンを食べていった人たちもたくさんいたそうです。

不便だったがゆえに、会えた時の嬉しさみたいのがあった時代でした。店の雰囲気もあってか、昔のことをを思い出しながら美味しいポテト料理を味わいました。暖かな雰囲気のお店です。

【スコッチ】ラフロイグ10年

これほど好き嫌いの分かれるお酒はないんじゃないでしょうか⁉︎ 独特な正露丸のような香りが大っ嫌いな人もいれば、これじゃなきゃというくらい熱烈なファンがいるのもラフロイグです。そんなラフロイグをご紹介します。

 

スコッチ

スコッチは、イギリス スコットランド地域で製造されるウィスキーです。イギリスの北部にあり、気候は非常に冷涼です。北緯49〜61度で、北海道(北緯41〜45度)よりかなり北にあるので、寒さは夏でも防寒着が必要な時があると言われています。

スコッチの特徴の一つに「スモーキーな香り」な香りが挙げられます。麦芽を乾燥させる際に燃焼させる「ピート(泥炭)」由来で、煙のような独特な香りがウィスキーにも影響します。

スモーキーな香りの強さは、スコットランドの中でも変わってきますが、特に強いと言われるのがアイラ島のスコッチです。その中でも有名な蒸留所が「ラフロイグ」です。

 

ラフロイグ

単一の蒸留所の原酒から造られるシングルモルトです。英国皇室御用達で、元チャールズ皇太子、元イギリス国王のチャールズ3世も愛飲され、自ら買い付けに行くほどと言われています。品質の高さは、折り紙付きです。

ラフロイグ蒸留所はアイラ島の海岸沿いにあります。ラフロイグはスコッチの特徴であるスモーキーな香りを最も表しているお酒と言っても過言ではないでしょう。さらに、熟成期間は樽の中にありつつも、大西洋からの潮風の影響を受けます。これが海藻や潮の香りをもたらします。

スモーキーさは時に薬品を思わせます。自分は正露丸の匂いが近いと思います。正露丸に海藻に塩の香り。聞いただけでマズそうですね。実際、嫌いな人がたくさんいます。自分も昔は大嫌いでした。ところが、年齢を重ねるにつれ趣向が変わってきて、今は欠かせないお酒です。

味わいは、オイリーで濃厚です。そして、正露丸や海藻や潮の奥に、実はバニラのような甘さやリンゴっぽいニュアンスを感じとることができます。クリームのようななめらかさに加え、複雑な香りと味わい。これが、ラフロイグに熱烈なファンが多い理由だと思います。

 

大人のお酒

「他人を寄せ付けない雰囲気があるものの、実は心優しき人」そんな印象のお酒です。尖っているが芯があり、他に替えが効かない魅力があります。

飲む人を選ぶお酒とも言えるでしょう。若い人が飲むとかなりの確率で超まずいと言うと思います。様々なものを味わい、独特な風味を楽しめるようになる大人がハマるお酒です。

ストレートでゆっくりと味わいながら飲むのが一番おいしいと思います。ただ、ハイボールにしても旨い!これは是非ためしてもらいたいです。

スコッチには、他にも大人を魅了するものが多数あります。また別の機会にご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

【赤ワイン】アンリ・エーラール ピノノワール 2020

カルディで買ったワイン、「アンリ・エーラール ピノノワール 2020」を開けてみたのでレビューしたいと思います。

 

 

フランス アルザス地方

フランス アルザス地方は、フランス北東のドイツ国境近くに位置し、冷涼な気候です。アルザス地方といえば、白ワインのリースリングが有名ですが、赤ワインのピノノワールも捨てたものではありません。ピノノワールの産地としてはさほど有名ではないため、ブルゴーニュに比べて価格がリーズナブルなのがありがたいです。

 

アンリ・エーラール ピノノワール 2020

品種は、その名の通りピノノワールです。写真では見切れてしまいましたが、ボトルの形状は「フルート型」といって細長く、ドイツワインアルザス地方のワインに多い形状です。

余談ですが、みんなで飲んでる時など不意にブラインドテイスティング(ワイン当て)をする流れになった時、実は味覚だけで判断していないことが多いです。というのは、香りや色合いもそうですが、ボトル形状(プロがやる大会では当然見れないようにします)が分かれば、それだけで、産地や品種がある程度絞り込めます。

「なんてずるい」と言われそうですが、使える情報は使って当てることで場を盛り上げるのも、ワインを楽しむ術かなと個人的には思います。

 

話はそれましたが、色合いは透明感のあるルビー色、冷涼な地域で作られたことが想像されます。

香りは、イチゴやラズベリーなどの赤い果実、紅茶、若干タバコの香りも。複雑さがあって、とても1000円台のワインとは思えません。

味わいは、しっかりとした酸味が軸となり、タンニンは少なめ、クリアで果実味がチャーミングな印象です。身体にスッと入ってきます。旨味は少なく、アフターも短めなのは価格を考慮すれば致し方ないところ。疲れてる時やリラックスしたい時に、寄り添ってくれるような優しいワインです。

 

ちなみに、この日は留守番の日で独りだったので、同じくカルディで買ってきた生ハムとブルーチーズをつまみにいただきました。

生ハムはオリーブオイルをかけ、ブラックペッパーをまぶして食べるのが大好きです。ブルーチーズは、デンマーク産だったかな、大好きなロックフォールに比べてスパイシーさが抑えられて、塩味がその分強いかんじです。ちびちびつまんで、赤ワイン。至福の留守番でした。

 

カルディのワインは、価格の割に美味しいと感じるものが多い気がします。リーズナブルに美味しいワインを飲みたい時はオススメですね。

 

アンリ・エーラール ピノノワール 2020

 生産地:フランス アルザス地方

 生産者:アンリ・エーラール

 ブドウ品種:ピノノワール

 味わい:しっかりとした酸、クリアで果実味がチャーミング

 香り:イチゴ、ラズベリーなどの赤い果実、紅茶、若干タバコの香り

 価格:1628円(税込)

 点数:3.65点満点) ※点数は自己評価です。